考察

ダンスはセンスか?

naoさんがテレビかなんかで見た話をしてくれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「料理はセンスですか?」という質問に対して,「料理は目的です。」とプロの料理人が言ったそうです。

例えば,彼氏に作る料理,旦那に作る料理,子供に作る料理,お客様に出す料理,全て「目的」が違う,と。

とりあえず間に合わせで良い場合もあるし,栄養をしっかりと考えなければならない場合もある。

嫌いなものをなんとか食べさせなければいけないこともあるし,相手に喜んでもらえる料理を提供しなければいけない場合もある。

それぞれによって目的が違い,そのスキルも違うわけです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

naoさんが良い話だからと言って教えてくれました。

まあ僕はこういうことをいっつも言ってるんですけどね(笑)

でも,僕もわかりやすいと思ったのでシェアします。

 

さあ,これをダンスに置き換えましょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ダンスはセンスですか?」という質問に対して,「ダンスは目的です。」とプロのインストラクターが言ったそうです。

例えば,仲間で楽しむため,余興で踊るため,ダイエットのため,上手くなってプロになるため,全て「目的」が違う,と。

とりあえず楽しければOKという場合もあるし,見ている人が楽しければ良いという場合もある。

楽しいだけではダメでストイックにやらないといけない場合もある。

それぞれによって目的が違い,そのスキルも違うわけです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

僕はこの「目的」という考えを推奨しています。

楽しみたいだけの人にしんどいことは強要しません。

ダイエット目的の人に難しいこと教えません。

上手くなりたいという人には,筋トレさせて,柔軟させて,反復練習させます。

 

「目的」によって,「手段」が変わるのです。ものすごく当たり前のことです。

その目的達成のために,厳しい手段があったとしても,関係なく遂行しなくてはいけないのです。

しかし,多くの人は,その順番が逆で,「自分ができる手段」を最初に考えます。

 

「上手くなるには毎日100回反復練習!」と言われたとします。

これは

目的=上手くなる

手段=100回反復

です。

 

ここで,「100回はしんどいから10回にしよう」とか言ってる人がいたらどう思います?

100回はしんどい=あなたの勝手な都合=上手くなるということとは関係がない

10回にしよう=自分ができる手段

「てめぇの都合なんて知らねーよ」となります。

 

この「目的から考える」という手法を少しずつ実践してみると,かなり生活が変わります。

生活が変われば,人生が変わります。

 

逆に,「自分ができる手段から考える」と,今までと生活は変わりません。

なぜなら今までそうやってきた結果が今の自分なのですから。

生活が変わらないから人生も変わりません。

 

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ