読書

僕の人生を変えた3冊の本

僕の人生を変えた3冊の本を紹介します。

たぶんこれらの本に出会ってなかったら,ダンスの仕事はしてなかったと思います。

 

人生の地図

人生の地図
人生の地図

「写真集」兼「名言集」みたいな本です。

これを読んだのは大学4年の時だったのですが,たくさんの言葉が胸に刺さりましたね。

 

まず,これで失恋から克服しました(笑)

周りが心配するくらい失恋で病んでた時があったのですが,これ読んだら憑き物が落ちたかのようでした。

その僕を救ってくれた言葉がこれ。

「誰かを愛するということは,誰かを愛さないということ。」

なんで僕を愛してくれないんだろうって思ってたんだと思います,当時の僕。

この言葉が目に入ってきたとき,相手は「僕を愛さない」という選択をしたんだなぁ,と思えたんです。

それまでの僕は自分のことしか考えてない愚か者だったのです。

 

って,正直,それはどうでもいいんですよ。

僕の人生を変えたというのは,恋愛の話ではありません。

「仕事」の話です。なぜ教員の道から,ダンスの道へと行ってしまったのか。

実はたくさんの言葉があるので,そのどれも刺さったのですが,いまだに座右の銘にしてるくらいの言葉があります。

「大人が真剣に遊び続けると,それが仕事になる」

今でもそうですが,僕は単純なので,これで決めたと言っても過言ではないかもしれません。

 

自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の店

自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の店 (SANCTUARY BOOKS)
自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の店 (SANCTUARY BOOKS)

この本は,かなり具体的に自分の店を出す方法が書いてあります。

たぶん僕の周りの自営業者,ほとんどこれ持ってるんじゃないかな。

わくわくしながら何度も読んだのを覚えています。

今のスタジオ作ったときも,書類書くときとかめちゃめちゃ参考にしました。

 

自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の本

自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の本 (SANCTUARY BOOKS)
自由であり続けるために、僕らは夢でメシを喰う―自分の本 (SANCTUARY BOOKS)

これは本バージョンですね。

本はいつか出します。絶対に。