告知

エルンフォのオープンスタジオについて説明します

今回はエルンフォのスタジオレンタルのプラン「オープンスタジオ」について説明します。

普通のスタジオレンタルとはちょっと違うのでしっかりと理解して活用していただけると嬉しいです。

オープンスタジオって何?

オープンスタジオは「個人の自主練習」を応援するレンタルプランです。

月額料金を支払うことで,スタジオが空いている時間は「いつでも」「何時間でも」使い放題というプランです。

通常のスタジオレンタルだと,料金は時間貸しとなり,1人で使う場合には割高になってしまいます。料金の高さがネックになり,きちんとした環境で練習できないとなるともったいないと思っていました。

オープンスタジオだと月額980円〜で,1ヶ月何回利用してもこの料金なのです。安いでしょ。

オープンスタジオのイメージ

イメージとしては「スポーツクラブ」とかが近いかなと思います。月額料金を支払うことで,ジムのマシンも使い放題だし,スタジオプログラムも受け放題です。

ただし,場所は「共有」するということになります。例えば「オープンスタジオを利用して1人で練習していたけど,途中から他のオープンスタジオの利用者がスタジオに入ってきて練習を始める」ということもあるのです。

そこに集まるのはもしかしたら知りあいかもしれないし,知り合いではないかもしれません。「スタジオに各々が練習しに集まる」という感じです。

手続きも最初だけしてもらえば,あとは手続き不要で練習していただけます。料金もクレジットカードでの自動決済なので,練習するたびに支払うという手間もありません。

従来のスタジオレンタル(プライベートレンタル)のイメージ

たいして,従来のスタジオレンタル(エルンフォではプライベートレンタルと呼びます)のイメージは「カラオケ店」でしょうか。時間で個室を貸し切り,そこにいるのは家族,友人などの知りあいだけのスペースです。

こちらはチーム練習などに向いています。チーム以外の他人には邪魔をされずにすみますし,時間貸しなので,料金はチーム人数で頭割りすれば安くなります。

実際に使ってる人はどんな感じで利用しているの?

どんな人が利用しているの?

2020年11月23日時点で8名の方がオープンスタジオを利用してくれています。

40代 女性 既婚
30代 女性 未婚
30代 女性 既婚
20代 女性 未婚
20代 女性 未婚
30代 女性 未婚
30代 男性 既婚
20代 男性 未婚

こんな感じです。

今のところ社会人だけなのですが,男性も女性も,未婚だろうと,家族がいようと関係なく,練習したい人は利用してくれています。

社会人はどうしてもレッスンにこれない日もあるようで,そういうのを補うために利用してくれている人が多いという印象です。

いつごろ利用しているの?

お仕事がシフト制の人は昼間に来てくれることが多いです。仕事がお休みの日の昼間にサクッと練習してしまって,帰宅,という感じです。

土日休みの仕事の方は平日だと夜22時以降に,あとは土曜の15時くらいから来てくれたりします。

自分で練習できる時間を見つけて,計画的に来てくれているという感じです。

何時間くらいやってるの?

これも人によりますが,1時間くらいでサクッとやって帰る人や,休憩しながら3時間くらい練習している人もいます。

例えば「30分練習して,いったん用事のために外出してからまた練習に来る」ということもできます。

どれだけ練習しても追加料金はかかりませんので,はっきり言ってお得です。

上手くなるために ——自主練習を応援します

ストリートダンスをする人にとって,日本は練習の環境はよくありません。でも上手くなるためには自主練習って必須なんですよ。

毎回の自主練習でスタジオを使う必要はないかもしれませんが,週に最低1回とかはスタジオで自主練習してみると良いかもしれませんね。

エルンフォのオープンスタジオの料金設定だと,普通にスタジオを借りるよりも圧倒的に安上がりですし,手間もかかりません。

11月末までに申し込んでいただくと,ずっと割引価格でご利用いただけますので,お申し込みはお早めに!

▼オープンスタジオの料金などはこちら
https://lnfo-project.com/lesson/rental/