考察

インストラクターという仕事はしんどいのかもしれない

先週,体調崩していました。

熱が出たとかではないのですが,身体は異常に疲れていたし,脳がパンパンだったような気がしてました。

メンタルもフィジカルもやられていたのかなと思います。

1日だけお休みいただいたのですが,正直,その週全部休みたかった。いまだに本調子ではない感じ。

今の仕事はしんどいのか?

今僕がやっている仕事は,メインはダンスインストラクターとか教室経営とか,ダンスにまつわるもの。

この仕事は自分が好きで選んだ仕事です。それについて文句を言う気はありません。

それでも,自分で選んだ仕事にも関わらず,数年に1回,ひどく気分が落ち込むことがあります。

 

大学を卒業してからやっていた仕事は派遣社員で工場勤務の仕事でした。

実働12時間労働で4勤2休の2交替制。夜勤もがっつりあり,立ちっぱなしの仕事で単純作業。

別に好きな仕事でもないし,楽しくもないし,派遣社員ってことでなめられてたし,今よりも労働環境的には悪いと思います。

今やってる自分が選んでやってる好きな仕事と,労働環境として今よりもきつい仕事。でも気分が落ちるのは今の仕事だったりするんですよね。

無意識だけどしんどいのかもしれない

僕はメンタルが決して強いほうではありません。だから自分のメンタルを壊すものは極力排除していくようにしています。

それでも避けられないものはあるけど,それでもやりたくない仕事をするよりは幸せだと思っていました。

ストレスとも無縁とはまではいかなくても,普通の人よりもないと思っていました。

でももしかしたら,意識してないけど,今の仕事ってけっこうしんどいのかもしれません。

結局何がストレスなのか

僕がストレスに感じているであろうことを,休んでいるときに考えていたのですが,集約するとこんな感じなのかなと思いました。

 

(1)「教える」ということのむなしさ

(2)尊重されていないと感じる

 

これらのことについて,細かく書き出すと,なんかイヤな感じの記事になりそうなので,控えますが「そんなの仕方がないだろ」とか「自分が選んだ道なんだから我慢しろ」と言われるようなことが細かく大量にある感じです。

もちろんそれは頭でわかっています。でもこの「頭では理解しているけどどうしようもできない」という状況が自分を苦しめているのではないでしょうか。

またこういうストレスを与えてくる人は一部の人たちで,ほとんどの多くの人たちはステキな人たちです。

本当ならそちらの人たちにもっと目を向けるべきなのでしょうが,人間はネガティブなものへの反応のほうが強いです。なかなか抗うのは難しかったのです。

 

恋愛関係とか夫婦関係と同じで,別れるときって,何か大きなネガティブな出来事があって別れるってことは実はあまり多くない気がしています。

それよりも,普段のささいな,「そんなことで怒る?」っていうような言葉にしにくいことが積もり積もって別れにつながることがほとんどでしょう。

そういうのに数年当てられると突然無気力になり,本当に身体が動かなくなってしまいます。

自分は弱いと認める

この出来事は,長期的にみて,僕にとっても,家族にとっても,エルンフォにとっても良くない気がしているので,対策をとらないといけません。

もう少し意識的に「自分を守る」という行動をとっていくことにします。

 

まずは「自分は弱い」と認めること。やはり無意識に強がっていた気がします。

そして「ヤバいかも」と思ったときは休むことをためらわないことにします。

「レッスンに穴をあけたくない」という気持ちが先行し,休むにしてもものすごく申し訳ない意識があるのですが,そういうのも全部無視するようにします。

僕が倒れて長期的にエルンフォが休みになるほうが迷惑かかるし。誰かが文句言ってきても無視します。

なぜこんな記事を書いたのか

こういうネガティブな投稿はあまり好まれるものではないかもしれません。

今回,こんな弱音をはくような記事を書いたのは以下の理由です。

 

・自己開示

・頭の中を整理して問題を明らかにする

・その問題から逃げるのではなく立ち向かうため

 

ということで基本自分のためです。記事を書くっていう目標にしないとやらないと思ったので。

読んでくれて何かを感じてくれたら幸いです。

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ