なぜたくさん運動しているのに痩せないの?

ダイエット 運動

皆さんダイエットに効果的な運動って知ってますか?

ジョギングとかの有酸素運動だと思いますか?

それとも筋トレとかの無酸素運動でしょうか?

テレビや雑誌などでいろいろな情報が出回っているので,混乱している方も多いと思います。

まず1つ,覚えておいて欲しいダイエットの知識は「運動では痩せない」ということです。

運動の消費カロリーは驚くほど少ない

ダイエットの運動で最初に思い浮かぶのはランニングでしょうか。

ということで,ランニングでの消費カロリーを調べてみましょう。

例えばランニングマシーンとかで時速8.3kに設定して,40分走ると,体重60kgの人であれば378kcal消費します。

378kcalってどれくらいだと思いますか?

カルビーのポテトチップス60gを全部食べると336kcal摂取することになります。

ポテチを1袋食べてしまうと,40分弱のランニングが無駄になってしまうということなのです。

世の中に出回っている美味しいものたちのカロリーと,運動によって消費できるカロリーと比べてみると,圧倒的に運動で消費できるカロリーは少ないのです。

ようするにダイエットの戦略として,運動をメインに持ってきてしまうと,失敗する確率が高くなるということです。

運動は代謝を上げる

では運動はまったく意味がないかというと,そんなことはありません。運動することによって,代謝が上がる,ようするに太りにくく痩せやすい体になるのです。

具体的にどんな運動が良いかはまた別の機会に紹介したいと思いますが,基本的なダイエットの戦略としては

(1)食事を見つめ直して摂取カロリーを減らす
(2)適度な運動をして代謝を上げ,太りにくく痩せやすい体をつくる

というのが基本となってきます。

まとめ

週末とか,イベントなんかで食べ過ぎてしまうことってあると思います。

そこで一念発起して「明日から毎日1時間走る!」とかしても,あまり意味がありません。

それなら「食べる量を見直してみよう」というほうが効果的です。

ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました