絶対にやってはいけない!頭が悪くなる最悪な勉強法

勉強の豆知識

今回は「絶対にやってはいけない勉強法」についてお話します。

世の中には「効率が悪い」勉強というものたくさんありますが,今回お話する勉強法は効率が悪いどころの話ではなく,実際に害になります。

害になるとはどういうことかというと,実際に能力が下がり,成績が悪くなってしまうということです。

効率が悪いだけなら,たくさん勉強すれば成績は上がってきますが,今回紹介する勉強法はやればやるだけ成績が下がっていきますので,絶対にしないようにしてください。

その勉強法とは「マルチタスク」です。

マルチタスクとは

マルチタスクとは,簡単に言うと「2つ以上の作業を同時進行すること」です。

例えば,勉強する場合,テレビみながら勉強したり,ネットフリックスでアニメみながら勉強したりする人もいるでしょう。そういうのもマルチタスクです。

音楽を聴きながら勉強するのもマルチタスクですし,誰かとLINEのやりとりをしながら勉強するなんてのもマルチタスクとなります。

作業を同時進行したほうが早く終わるんじゃないの?

「2つ以上の作業を同時進行する」なんて,一見,効率的な気もしますよね。そっちのほうがたくさん勉強できそうだし,早く終わりそうだし。

実はマルチタスクはシングルタスク(1つずつ作業する)にくらべて,ものすごく作業効率が下がるというデータが出ています。

①生産性40%ダウン

マルチタスクをすると生産性が40%も下がると言われています。簡単に言うと,本当は問題集10ページできるはずの能力があるのに,6ページしか進まないということです。

②作業時間が50%長くなる

マルチタスクをすると,シングルタスクにくらべて作業時間も50%長くなる(1.5倍になる)と言われています。本当は40分で終わる宿題が1時間かかってしまうということです。

③作業ミスが50%増える

マルチタスクをすると,作業ミスも50%増える(1.5倍)と言われています。100点とれる簡単なテストでもケアレスミスで66点しか取れなくなるという計算です。

なんでこんなに作業効率が下がるの?

マルチタスクをすると,なぜこんなに作業効率が下がるのでしょうか。

①集中力が下がる

原因の1つは「集中力が下がる」ことです。

みなさんは1日に何回スマホをチェックしていますか? どうやら我々は1日に平均150回スマホをチェックしているようです。

スマホをチェックするということは,今やっている作業を「中断する」ということです。いったん作業を中断すると,再び集中力を取り戻すまでになんと25分かかると言われています。

現代人の集中力は本当に低くなっていて,1つの作業に集中できるのは平均で1分15秒と言われているのです。

②IQが下がる

驚いたのが,マルチタスクをすると「IQまで下がる」ということです。

極端なマルチタスクは,IQが15ポイント下がるそうです。

「IQが15ポイント」ってよくわからないと思うのですが,IQが1ポイント上がると,1人あたりのGDPが229ドル上がると言われています。

15ポイント下がるということは,3,435ドル(=45万円)のGDPを下げてるということです。

日本の労働者人口が約6,860万人(2021年)らしく,日本で働いている人全員がマルチタスクをしてしまうと,30兆円以上の損害になります。

実際,マルチタスクが世界経済にあたえている損害は46兆円というデータもあるくらいなのです。

もうちょっと怖いことをいうと,IQが15ポイント下がるということは,タバコや大麻が脳に与える影響の3倍以上ということなのです。

マルチタスクよりもシングルタスク

ということで,今までマルチタスクで勉強していた人は,シングルタスクでの勉強に切り替えてください。

1つずつしっかりと取り組み,終わってから次の作業にいく。これがシングルタスクです。

勉強するときは勉強だけ。

ダンスのときはダンスだけ。

遊ぶときは遊ぶ。

シングルタスクにしたほうが結果,たくさんのことをできるし,成果も上がるのです。

途中で何かやることを思い出してしまったら

シングルタスクで勉強に取り組んでいても,やらなくてはいけないことを途中で思い出してしまい,勉強を中断してしまうことがあると思います。

「そういえば先輩にLINE返してなかった」とか「ちょっとチョコレート食べたくなってきた」とか。作業を中断させようとすることはたくさんあります。

そんなときにオススメなのが「すぐにメモしてしまう」ということです。

例えば,勉強している途中に返さなくてはいけないLINEがあると思い出してしまったら,メモ帳に「先輩にLINEを返す」とサッと書いてから勉強に戻ってください。

勉強途中にチョコレート食べたいと思ったら「あとからチョコレート食べる」とメモしてください。

ようは「後回しにする」ということなのですが,いったんメモにして脳から出してしまったら気にならなくなります。

勉強が終わってから,メモを見返して,まとめてやってみてください。

タイトルとURLをコピーしました