とことん上手くなりたい方へ

エルンフォはダンスがとことん上手くなりたい方にも指導を行っております。

ダンススクールを10年以上続けてきて,県内外のコンテストやバトルで上位入賞者を出してきた経験と,人が上達する仕組みの科学的な見地から,適切なメニューを提示することができます。

 

・どういう人が上手くなるのか?
・どういう練習をすると上手くなるのか?
・どれくらい練習すれば上手くなるのか?

 

などの疑問を解消する現時点での最適解を持っていますので,それに基づいた指導をしていきます。

 

量と質

ダンスが上手くなるには練習の「量と質」の両方必要です。

たくさん練習をやっても,やってることがずれていると上手くなりませんし,どんなに正しい練習をしていても,それが身に付くまで練習しないと上手くなりません。

「練習の量と質どちらが大事ですか?」という質問をいただきますが,答えは「両方」となります。

 

どれくらい練習すればよいのか?

ではどれくらい練習すればよいのでしょうか?

これも自身の目標によって変わります。

「スクールの中で1番」とか,「県内で1番」とか,「全国優勝したい」とか,その人の目標によってやるべき量は変わってきます。

答えを言えば「やればやるだけよい」と思っています。

例えば野球部は甲子園に行くために週に5〜6日,毎日3〜5時間練習してるのではないでしょうか?

バレエでコンクールに優勝する人もおそらくそれくらい,もしかしたらもうちょっと多いかもしれません。

なのでダンスもそれくらいを目標にやっていけば上手くなると思います。

 

まずは週2から

おそらくほとんどの方は週1のレッスンくらいだと思います。

もちろん週1でも本当に上手くなる人はいます。ただ,それは本当に一握りの存在で,かなり理解力があり,体力があり,集中力があり,それでいて家で(ずれていない)自主練習とかをしっかりとできる人だけだと思います。

10年以上の指導経験からそういう人は1人もいませんでした。なのでまずは量をこなすことにより,やがて週1のレッスンでも上手くなれるような土台を作ることが重要です。

 

本当に上手くなりたいという気持ちがあれば,いきなり週5くらいに増やしてもよいと思いますが,とりあえずまずは週2からでもよいと思います。

ほとんどの方は週1だけですから,それを週2に増やすだけでも週1の人たちよりも上手くなります。

 

たくさん練習しても上手くならない人もいる

ただたくさんレッスンを受けても上手くならない人もいます。経験上,そういう人たちはこんな人たちです。

 

・たくさんレッスンを受けていればいつか自動的に上手くなると思っている
・上手くて有名な人のレッスンさえ受けていれば何とかなると思っている
・いろんな先生に習いすぎている
・復習をしていない
・集中力がない

 

などなど。要約すると「受け身で誰かが何とかしれくれる」という思考を持っている人と言えるでしょう。

 

甲子園に行くために毎日遅い時間まで練習している野球部も,同じ練習をしているにも関わらず,レギュラーと補欠がいるように,また甲子園に出場できるチームとできないチームがあるように,同じ量をこなしていもて差が出るのはそういう「質」の部分です。

 

そのような質の部分についても,高める方法をエルンフォは持っています。ただ「質を高めるにはこうしたらいいよ」と伝えるだけではダメで,おそらくほとんどの人がわかった気になって実践しないという結果になると思います。

質について理解が深まるのは「今までしっかりと量をこなしてきた人」だけだと感じています。

質の話はレッスン中に話していますし,しっかりと量をこなせている人にはさらに課題を与えたりもしています。

 

エルンフォでは量をこなすサポートがたくさん

エルンフォはとことん上手くなりたい人が,しっかりと練習できるように「フリーパス」と「回数チケット」を用意しています。

フリーパスは1ヶ月間受け放題のプランです。1ヶ月のうちなら何クラス受けても一定の料金です。

 料金の詳細はこちらから

 

クラスの種類も豊富

クラスも基本重視のクラスから,発展的なクラス,振付ではなく即興で踊る練習をするクラス,マンツーマンレッスンなど,かゆいところに手が届くクラス構成になっております。

最初のうちはできるだけ偏らず,隙を作らず練習したほうが後々に好影響を与えてくれると思います。

 

フリーパスの人はとりあえず全種類受けてみてください。やればやるほどやっていることが繋がっていき,混ざっていきます。

「何のレッスンを受けようか」と迷うのも時間と脳の無駄で,だったらそれを考えずに1つ1つのレッスンに集中していくほうが上手くなるでしょう。

 レッスンの詳細はこちらから

 

コメントは受け付けていません。