考察

「緊急ではないが重要なこと」に時間をかける

まんがでわかる 7つの習慣
まんがでわかる 7つの習慣

 

僕は読んだことないのですが,自己啓発本で,超有名な「7つの習慣」。

第三の習慣に「重要事項を優先する」というのがあります。

 

人間の行動(タスク)は以下の4つに分類されます。

──────────────────────────────
(1)緊急で,重要なこと

(2)緊急ではないが,重要なこと

(3)緊急だが,重要ではないこと

(4)緊急でもなく,重要でもないこと
──────────────────────────────

具体的にはどういうことか,それぞれ皆さんの生活で具体例を考えてみてください。

僕なら

──────────────────────────────
(1)緊急で,重要なこと
振付,ショーの練習,イベント準備,DVD作成など,主に「締め切りがある仕事」

(2)緊急ではないが,重要なこと
自分の練習,トレーニング,人間関係作り,チラシ配り,権利収入構築

(3)緊急だが,重要ではないこと
訪問営業,営業電話などへの対応

(4)緊急でもなく,重要でもないこと
ゲームなど
──────────────────────────────

という感じでしょうか。

 

この4つの分類のうち,皆さんの時間の内訳はどんな感じでしょうか?

人生において(4)以外は絶対に避けられないことだと思うんですよ。

ただ,どこに一番時間をかけるのかで,人生が豊かになったり,いわゆる成功したりが決まると思います。

 

僕は絶対に(2)に時間をかけるべきだと思うんですね。

エルンフォでは,イベントの練習って,普段のレッスンではしません。

普段のレッスンをこなしつつ,土日にイベントの練習。

スケジュール的にも,金銭的にもきついやり方ですが,それを理解してくれている人はやはり伸びているわけです。

 

普段のレッスンって「緊急ではないが,重要なこと」です。

イベントのリハーサルって「緊急で,重要なこと」です。

想像して欲しいのですが,「緊急で,重要なこと」だけやっている人が「伸びる」と思いますか?

伸びないわけではないと思いますが「緊急ではないが,重要なこと」をやっている人にはおそらく敵わないと思います。

 

「最近伸び悩んでるな〜」とか「全然上手くならないな〜」とか思っている人は,自分の生活を振り返ってみて,どこの部分に時間を使っているのかを調べてみてください。