考察

今まで上手くいってたことが急に上手くいかなくなったら

僕がよく視聴しているビジネス講座の動画ですごくスッと入ってきた内容があります。

 

昔,日本がバブル景気だったころ,就職は非常に簡単だった。

むしろ企業側から就活生にお金を払って「うちにきてください」というくらいだった。

ようするに「アホでも就職できた」という時代だった。

ところが今だと,優秀な人でも就職できなくなっている。

実はこれは歴史からすれば当然のことで「フェーズが変わった」だけのことだ。

 

今でも「○○の時代は終わった」というセリフをよく聞きます。

この○○には例えば,仮想通貨だとか,アフィリエイトだとか,FXだとか,世間を騒がせた人たちが稼いだ方法などがあてはまります。

こういうビジネスは一過性のもので,長くは続かない,だから「終わった」と言う人が必ず出てきます。

 

でもそれは実は違って,「誰でも稼げるというバブルのようなフェーズが終わっただけであって,現に今でも仮想通貨やFXで稼いでいる人はいる。ようするにアホでは稼げないフェーズに入っただけ」ということなのだそうです。

フェーズって段階とかそんな意味です。フェーズが変わったので,今まで通りの手法が通用しなくなる場合が多いというだけのこと。

 

何が言いたいのかというと,例えばダンススタジオ。少し前まではバブルだったのか,そこまで努力しなくても集客できていました。

ところが最近だと,全国的に生徒の数は減っているのだと言います。ようするに努力なしで集客できるフェーズは終わり,ここからは努力と工夫をしながら集客していかないとダメということです。

 

これはダンスの成長でも言えます。若い頃はがむしゃらに練習していれば上手くなっていったけど,あるときから急に伸び悩んできた。それは何も考えなくても上手くなっていたフェーズが終了しただけのこと。これからは真剣に頭を使い,考えながら練習しないと上手くなれないということ。

 

自分の身体での,若い頃は無茶をしてもすぐに回復していたけど,今は無茶をすると身体はボロボロになる。ということは,今は身体の使い方とかケアを学ばないと健康を維持できないということ。

 

簡単に言えば,何事にも「今のままでは通用しなくなるときが必ずくるよ」ということです。

でもほとんどの人はこれに気付きません。「○○は終わった」みたいなセリフが異常に出回っていて,それに踊らされている人がいかに多いか。それでほとんどの人はわかってないということに気付きます。

だから上手くいかなくなっても,今までの方法しか知らないから,それで突っ走って自滅します。

 

ではなく,1度落ち着いて自分を見つめ直して,新たな戦略を,知恵を振り絞って考える必要があるのです。

男女の関係だって,親と子の関係だって,フェーズがあるから,関係性はどんどん変わっていくでしょう。それにしっかりと対応していくのが大人な人で,ヤバい人は過去の関係に縛られて,いつまでも固執します(マザコンとか,子離れできない親とか)。

 

すべての事象にフェーズがあります。もしあなたが上手くいかなくなったことがあれば,それはフェーズが移行した合図かもしれません。

そのときは真剣に頭を使って考えるべきです。