考察

子供に習い事を辞めさせないたった1つの方法

なんかブロガーみたいなタイトルつけてみましたが,いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は,保護者の方向けの記事になります。

ダンスじゃなくてもいいのですが,子供に習い事を辞めさせないための方法です。

せっかくやらせてみた子供の習い事。どうせなら長く続けて欲しいと思うのが親ですよね。

今回は,子供が習い事を辞める理由を考察しながら,辞めない方法を紹介します。

 

まず僕が体験している生徒が辞める原因の8割は「忙しくなったから」です。

中学生に上がって,部活が忙しくなったとか,仕事が忙しくなったからとか,結婚して時間がなくなったとか。

あと数%ですが,人間関係のもつれ。先生と生徒,もしくは生徒同士。

仮に5%として,上記の85%はもうしゃーないと思うんですね。ここは僕は考えないようにしてるんです。スタジオ側は干渉できないと思っています。

 

で,あとの15%なんですが,ぶっちゃけ,ここもスタジオ側はそこまで干渉できません。

しかし,親なら干渉できる可能性があります。

その15%は「レッスンについてこれなくなった」というのが原因だと思うんですね。

レッスンについていけないから,楽しくなくなって,辞める。

このパターンがちょいちょい目立つかなという感じです。

 

で,なぜレッスンについてこれないかと言うと,家で練習してないからなんですね。

要するに

家で練習してない ⇒ レッスンについてこれない ⇒ 楽しくなくなる ⇒ 辞める

という流れです。

 

なので,家で練習すればいいんです。

子供に習い事を辞めさせないたった1つの方法=家で練習させる

正直,これだけだとちょっと不親切かなと思うので,もうちょっと具体的に2つ言います。

 

まず1つ目。

練習の内容ですが,「振付を覚えてくる」,これだけでOKです。

もちろん本当に上手くなりたいとかだったら,これだけでは不十分ですが,今話していることは,「辞めさせない」ということなので,まずはここだけ押さえます。

振付についていければ,そこまで苦手感は生まれませんから。

 

よく「やっても覚えれないんです」って言う人もいるんですけど,僕から言えることは「覚えるまでやってください」しか言えないんですよね。

覚えるのに1時間かかるのであれば,1時間やるしかないんです。

それを10分とかで終わって「やっても覚えれないんです」って言ってるだけなんです。

まずはそこに気付くかどうか。

 

そして,2つ目。

子供たちに「練習しろ」って強制しても辞める確率が増えるだけです。

ここはとても難しいのですが,やはり「練習する習慣を少しづつ作っていくしかない」と思います。

 

どうやって習慣化していくかというと,「習慣化することだけ」に集中することです。

最初は10分の練習を週3くらいでやらせてみると良いかもしれません。

そして,次の週は10分を週5とかに増やして,2ヶ月目くらいから10分を20分にしていく。

 

それくらいゆっくりで習慣化していくのです。

習慣化に失敗する人は,だいたい一気にやろうとして失敗します。

習慣化してから,練習の質について考えていけば良いと思います。

 

いかがでしたでしょうか?

もしかしたら肩透かしくらったと感じる人もいるかもしれません(笑)

そうだったらすみません。

ただ考え方としては,僕は妥当かな〜と思っています。

参考になれば幸いです。