考察

天才と凡人の違い

「天才」「センスがある」とかいう話はみんながけっこう好きな話題のようです。

 

ほとんどの場合,実力の差ができるのは「努力の差」です。

やってない人は,「自分には才能があるのか,ないのか」ということを議論する段階ですらありません。

ですが,同じ努力をしても,結果に差が出る場合があります。これはどういうことなのでしょうか?

この答えが僕なりに出てるのでシェアしたいと思います。

 

まず始めに,「天才」と「凡人」と書きますが,単純な「二元論」ではないということです。

仮に天才指数というものがあるとして,天才が100,凡人が0だとしましょう。

この世の中には100か0かの人だけがいるわけではありません。

70くらいの人もいるだろうし,5くらいの人もいるわけです。

仮に0〜100までだとすれば,誰しもがどこかに分布しているという考えが前提にあります。

 

で,本題で,結論から言うと,天才というのは「成果が出る思考や行動を無意識に,自然とやっている」ということだと思うわけです。

例えば,僕が1年くらい前から言っている「ドローイン」という身体の使い方。

僕自身はトレーナーの方に教えてもらったのですが,トップアスリート,オリンピックとかの選手は,こういうことを「教えられる前から」「自然と」やってることが多いのだそうです。

トレーナーが説明すると「あぁ,これのこと?」みたいな感じなんだとか。

 

ここで天才と凡人との1つ,具体的な差が明確になりますよね。

教えられていない状態でも,ドローインができているのと,できていないのと。

 

なぜ,天才が教わらずに成果に直結することができるのか。正直なところ,それはわかりませんし,議論しても意味がないことだと思います。

それよりも単純に,「凡人でもそれを習得すれば良い」という結論になります。

 

天才と凡人には,思考の差もあります。

「これぐらいの成果が欲しい場合は,これくらいの努力が必要だろう」という努力の差がまず明らかに違います。

天才はその見積もりが正確ですし,凡人はかなり低く見積もり,成果が出ません。

じゃあ凡人はその見積もるセンスを磨けば良いだけです。

 

凡人でも「天才と同じ状態になれば良い」のであり,それは可能なのです。

「あの子はセンスが良いから」と,羨むのはやめて,「何が違うんだろうか?」「どうやったら近づけるのだろうか?」という思考に切り替えていきたいものです。

(ただ実際はその思考の切替ができる時点で,天才指数が高めの人なのかもしれないですが…)

 

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ