考察

振付の料金について

振付の依頼はちょいちょいくるのですが,そこまで成約につながりません。

おそらく「料金」のギャップがこちら側と依頼側にかなりあるからだと思います。

「しゃんしゃん祭り」の振付もけっこう依頼されます。僕はしゃんしゃんよくわかりませんが,仕事であれば当然リサーチして勉強してのぞみます。仕事なので当然です。

「わからないから安くする」とかはしません。「わかるように勉強して正規料金とる」です。

 

で,やはり一般の方にとっては振付料ってブラックボックスですよね。というか,僕にとってもブラックボックスで,普通の振付料がいくらなのかってよくわかっていません。

よく言われるのが「3万円くらいですか?」とか「1〜2万円くらいでお願いしたいんですけど」って言われます。

皆さんはこの額どう思いますか?

 

たぶんこれが一般の人にとっての「相場」かな〜とか思います。別にこれを「無知だな」とか思いません。僕も他の業種の相場とかわかりませんから。

僕が振付料金についてどう考えるかということですが,3万円くらいならやりません。なぜなら「割に合わない」からです。

 

振付は異常に労力と神経と時間を使います。

1曲5分の作品作れって言われて,たぶんすごく頑張っても5日間くらいかかりますし,製作時間中の精神状態とかカオスですから,普通のアルバイト時給とかで考えられても困るというのが本音です。

 

あと,3万円くらいならレッスンですぐに稼げてしまうからです。通常レッスンでも1時間で稼げる時もあるくらいですし,ワークショップとかジャッジとか,僕なら2〜3回で稼げてしまいます。

なので,ぶっちゃけると,10万円でもしぶしぶって感じになるし,しゃんしゃんで20人くらいのチームなら20万円とか頂きたいと思ったりもします(1人1万円で夏に何回も踊れると思ったら安いと思う)。

 

たぶんですけど,ダンスでお金を稼いでる人でも,3万円とかで振付をしてしまう人もおそらくいると思うんですよ。

副業的にダンスを教えているとか,もしくは頼られて嬉しいから,という理由で受けてしまう人もいると思います。

でも僕がそれをやってしまうと,ダンスで飯を食う人のためにならないじゃないですか。3万円で振付できると一般の人に思われてしまったら,ダンスで飯を食えていく人は減っていくと思うんですよね。

僕は自分だけよければいいわけではなく,これからダンスで飯を食っていきたいと考えてくれる人のために道も作ってる途中なので,そういう後に続いてくれる人の利益にならないことはやりたくないんです。

 

いわゆる「三方良し」というやつですが,こういうふうに高くすると,「じゃあいいや」ってなるじゃないですか。

でもそれはもう仕方ないと思います。高くても振付してほしいという人を探すという方針じゃないとダメだと思います。

 

もちろん「落とし所」はあるので,実際はいろいろ打ち合わせをさせていただいて,決めていくのでそこから交渉次第では安くなったりもします。

なので,もし気になったらまずは打ち合わせからお願いいたします。なかなか「いくらですか?」と言われて一言でお返事ができません。ご了承ください。

高いと思ったら断っていただいて全然OKです。