情報シェア

【ライフハック】QOLが上がる!人生が変わる「小さな改善」

人生を変える,幸福度を上げるためには「小さな改善」を積み重ねていくことが大事だと言われています。

「小さな改善」とは,例えば「ティッシュの位置がここだと使いにくいから,違うところに置くようにしてみる」みたいなレベル。

このレベルの「小さな不都合」を改善していき,それを積み重ねていくことで人生が変わっていくんですね。

「宝くじで1億円当たる」みたいな大きな変化は,急激に人生が変わり,逆にその変化に適応できずに不幸になるんですよ。

 

ということで,僕も日々「小さな改善」を続けているのですが,ここ最近でけっこうインパクトが大きく,良かったなぁと思う「小さな改善」を3つ紹介したいと思います。

帰ったらすぐにお風呂に入る

この「帰ったらすぐにお風呂に入る」というライフハックは,コロナが始まったくらいからやっています。

きっかけはこのツイートを見てから。

「なるほど」と思い,すぐに実践してみたら,本当に夜の質は変わりました。

僕は夜帰るのはだいたい24時を回るのですが,それからイスに座ってしまったら最後。しばらくダラダラしてしまい,お風呂に入るのが面倒くさくなってきます。

やっと重い腰を上げてお風呂に入ろうと思ったら1時とか2時になっていて,寝るのも遅くなるのです。

そこで,帰宅してすぐに荷物を置き,着替えをもち,お風呂に直行するようになると,あとは寝るだけ。

読書でも,ネットでも,ゲームでも好きなことをやって眠くなったら寝ればよいわけです。

 

また帰ってからすぐにお風呂に入るということは,持ち帰ったウイルスや菌などもすぐに洗い流すことにつながります。

これだけが原因ではないと思いますが,コロナの時代になってから,むしろ逆に体調が良いんですよね。風邪も本当に引かなくなりました。

 

「この後に面倒くさいことがある」と頭に残っているだけで,脳のメモリの無駄遣いですからね。面倒くさいことは早くすませてしまう。これだけで人生の質が大きく変わりました。

2分ルール

「面倒くさいことは早くすませてしまう」関連で「2分ルール」というのも実践しています。

これは「2分以内に終わることは今すぐ手をつける」ということです。

2分以内に後回しにしたり,いちいちToDoリストに書いていると,逆に面倒くさいということになります。

例えば,ご飯を食べた後に食器を洗う。1人分だけなら2分あれば余裕。これを後でため込んで「家族分一気にしよう」とか考えるから面倒くさいなるわけです。

「効率悪くない?」と思うかもしれませんが,シンクに何もない状態というのはすがすがしく,テンションがあがります。

結果,作業全体を測ってみても時短になります。

 

これを実践するためには,自分の作業が何分かかるかを測る必要があります。

例えば,僕はレッスンの動画をスマホで撮ったあと,パソコンに取り込んでクラス毎に分類しています。

ただこれが面倒くさいと思っていて,たまにため込んでしまうんですね。

パソコンで管理しないと探しにくいので,こんなの早くやってしまったほうが良いんですよ。

 

まずは時間を測ってみようということで

①iPhoneとパソコンをケーブルでつなぐ
②動画を取り込む
③フォルダで分類する

という3工程の時間を測ってみたら「1分40秒」くらいでできることに気付きました。

ということで,これもレッスンが終わったらすぐにやるようにしています。

すべてをメモる

筋トレとか読書をしているときに「めっちゃ良いこと思いついた!」となり「終わってからメモしよ」と思い,気がついたら忘れていたということがたくさんあります。

人間の記憶なんてあてにならず,思いついたらすぐにメモしないと忘れてしまいます。

またどんなにくだらないアイデアでも,あとからめちゃくちゃ役に立つなんてこともあります。でも「くだらないから」という理由でメモしてないと大きな機会損失になりかねません。

ということで「すべてをメモる」ということをやり始めました。

 

実は「すべてをメモる」というのをやり始めたころはまったく上手くいきませんでした。

小さいノートもカバンに忍ばせておき,よく使うアプリにメモしようと思っていても,なかなかやりませんでした。

その原因は「ノートを取り出すのが面倒くさい」「アプリを起動してメモ欄までいくのが面倒くさい」というハードルがあったからです。

・いつでもメモできる
・簡単にメモできる

という条件の方法を探したところ,結局iPhoneにデフォルトで入っている「メモ」というアプリに落ち着きました。

これをドックに入れておけばすぐにアプリを開けますし,とにかく書けばメモに残るので,「簡単で速い」という条件をクリアしました。

iPhoneのデフォルトで入ってるアプリを甘く見ていて,やたらと調べてみんなが使っているアプリとかを使いたがるのですが,完全に盲点でした。

 

この「メモ」の良いところは,iCloudで連携すると,他の端末とも同期されるので,僕は

・iPhone12mini(メインスマホ)
・MacBook Pro(個人のパソコン)
・Mac Mini(スタジオのパソコン)
・iPhone11(サブのスマホ)

の計4台の端末で同期しています。

iPhoneでテキトーにメモしても,あとからMacBook Proから整理しなおすこともできるのも超便利。

画像とかも簡単に保存できるので,気になった情報をスクショして,そのまま「メモ」アプリにぶち込むということもやっています(そして後から整理)。

まとめ

今回3つ紹介しましたが,抽象的にまとめてみると

・後回しにすると逆に面倒くさくなる
・手間がかからない方法を探してみる

ということでしょうか。

この記事を読んで「そんなことで」と思うかもしれませんが,僕はこれでQOLが上がりました。

皆さんも自分のQOLが上がるライフハックを見つけてみてください。

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ