日記

DANCE TUBE 7th

2015年10月24日(土),「DANCETUBE 7th」無事終了しました。ありがとうございました&お疲れ様でした。

 

3年前,初めて完全オーディションで県外遠征チームを作りました。

いわゆるうちの「Aチーム」で,3年前は「L-sisters」でした。

最初は広島の「ヘッドハンター」でしたが,その時から言い続けていることがあります。

それは「みんながやるべきことは今ある力で精いっぱい踊る。それ以外やることはない。」ということ。

コンテストなど,結果が出るものはやはり必要以上に力んだり,不安やプレッシャーが大きいもの。だけど,結果うんぬんは自分たちでコントロールできません。結果は「他人が決めるもの」だからです。

なぜか人間は自分がコントロールできないものをコントロールしようとします。そして,メンタルが崩れ,良い結果に繋がりません。

ある人が言うには「評価や評判は99%他人が決めること」だそうです。で,残りの1%は「自分がやるべきことを精いっぱいやる」ということなんです。

賞レースにこれからも身を置くつもりの人はこれを覚えておいた方が良いと思います。

 

というか,普通に人生でもそうです。大学受験で「自分は頑張って勉強したんで」とか言っても,基準点に満たなければ落ちるわけです。

基準が「自分の基準」なのか「世間の基準」なのか。ダンスがなかなか上手くならない人は「自分の基準」で物事を考え「世間の基準」という概念が弱いのです。「ありのままの自分」なんて,世間は愛してくれない,ということを覚えておいた方が良いでしょう。

「世間の基準」の努力をすること,あとは精いっぱいやって,他人の評価を待つ。これだけです。

 

能書きはこのへんにしておいて,ダンスは4チームとも精いっぱいやってくれたと思いますよ。お世辞抜きで。あとは「世間の基準」の努力をするだけです。

僕もオープニングとコンテストにも出場しましたが,久しぶりにショーに出て,やっぱりいろいろ考えさせられました。一緒に出てくれたオープニングメンバーの方と一太くんには感謝しています。忘れていたものを思い出しました。

 

みんな若いんだから,まだまだこれからです。俺もみんなよりも若くはないけど,まだまだこれからだと思っています。

みんなで頑張っていきましょう!

 

◎LNFO受賞チーム
ダガーショット(エンターテイメント賞)
Lotus 1-2-3(TUBE賞)

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ