日記

京都ナンバーワンサマーフェスタ 2016

IMG_3075

はいーまた今年も行って参りました。今年で3回目です。

今年は「L-sisters」と「O-BLOOD」の2チームで参戦。

まあ,結果だけ見ると,賞にからむことはできませんでした。

やっぱ関西の壁は厚いな〜

 

でもよく頑張ったと思います。今のベストは出せたのではないでしょうか。

踊り終わった後に,手応えがなくても,それが今のベストなんですよ。

本番ベストを尽くせる準備の仕方など伝えましたから,あとはそれをきちんと実行すること。

それでもベストが出ない可能性だってあります。

あとは審査員の方が決めてくれます。

 

誰かが言ってました。

「この5人はエルンフォのトップを走っている5人」

確かにその通りだと思います。

 

ダンスだけではないですが,ダンスが上手くなるのは農業に似ています。

種を蒔いて,水をあげて,芽が出て,花が咲きます。

種を蒔いたら,すぐに芽も出ないし,花も咲きません。

 

先月,この5人の中で1番レッスンに通った子は24日中21日です。

1番少ない子でも12日,半分は来てくれています。

ひと月で20日としましょう。この子達はひと月に20個の種を蒔いてます。

三ヶ月で60個の種を蒔いたことになります。

三ヶ月で芽が出るとすると,60の芽が出ます。

 

普通の人はひと月に4個の種を蒔きます。

三ヶ月で12個です。なので,12の芽がでます。

 

重要なのはひと月に何日レッスンに通おうと,三ヶ月は芽が出ないんです。

しかし,いざ芽が出たとすると,すごい差になってるんです。

 

種を蒔いている時期というのは「仕込んでいる」ということです。

仕込んだらすぐに結果がでるわけではありません。でも仕込んでるんです。

 

それができる5人なんです。

たいていの人は三ヶ月我慢できずにケツを割ります。

やったらすぐに結果が表れると思っているからです。

よく考えればそれが普通だと思うんです。目に見える報酬がないと人間は動けないらしいので。

だからこの5人はちょっと異端なのかもしれませんし,単純にダンスが好きすぎるのかもしれません。

どちらにしろ「成功する」という道を進んでいることにはなります。

 

もちろん5人ともまだまだ甘いところもあります。

種の蒔き方が雑だったり,水をあげてなかったり,肥料をあげてなかったり。

やっていることのクオリティはまだまだ雑です。

でも,とにかく「やっています」。

 

正直なところ,ここまでやってくれてる人たちって,僕のダンス人生の中では初めてかもしれません。

だからとにかく嬉しいというのが本音です。

生徒だけど,「仲間」に近いと僕は思っています。

 

なんかいろいろ脱線してまとまらないですけど,まだまだ頑張っていきましょう!

 

お問い合わせ

▼鳥取ダンススクールエルンフォの公式サイトはこちら▼

鳥取ダンススクールエルンフォ