日記

SHUNヒップホップワークショップありがとうございました

12月8日(日)にExzeのSHUNさんのヒップホップワークショップがありました。関係者の皆様お疲れさまでした。

今回も良かったですね。上手くなりたい人には最適解のワークショップだと思います。ヒップホップに限らず。僕ロッカーですけど,めっちゃ勉強になりますし,自分のダンスにもレッスンにもすごく影響が出ています。

今回は特にそう感動しましたね。2本受けた人は本当に良かったですね。「最後そうなるか〜」って感じでした。

こうやってしっかりと考えてくれて,しっかりと準備してくれて,ワークショップに望んでくれるので,ずっと呼ばせてもらっています。

 

今回はエルンフォのインスタのストーリーに24時間限定でルーティーンの動画をアップしました。まあでも「振付だけ観ても意味ないな」って思ってます。やはりあの場にいないと絶対に理解できないことがあるわけで,そして,それはお金を払って来てくれた人たちだけのものです。

今はSNSなんかでアップする人も多く,それを観るだけみて「理解した気になってる人」が多いですが,だからこそ実際に経験した人はそういう人たちと差がつくわけです。

こういう経験値を優先できる人はやはり強いですね。

 

 

僕個人として今回強く思ったのは「継続は力なり」ということです。僕が初めてSHUNさんのワークショップを受けたのは2016年でした。もう3年前。それから何度も受けているわけですが,やっと振付についていけるようになりました。

もちろん振付についていけることが全てではないですが,これは目に見える変化なわけです。僕が初めて受けたときはほぼ棒立ちでしたからね。まったくついてけませんでした。

 

ただ僕は成長マインドセットなので,ついていけなくてもまったく恥ずかしいとか思わないので,その後も何度も挑戦してきました。

徐々に振付についていけるようになっていく様は自分で感じていて嬉しいわけです。定期的なレッスンではなく,不定期なワークショップですが,これでも「継続は力なり」というわけです。

 

僕がおそらく2016年の初めて受けた時点で,受けることをやめていたら,今の自分はないわけです。考えるとちょっとぞっとします。

だからこそ,上手くなりたい人はとにかく早めに挑戦して,早めにへこんで,継続して力をつけるべきだと強く思いました。

何もできない状況で飛び込んだからこそ今の状況があるわけです。あまりにも石橋を叩いていると,石橋を叩いている間にダンス人生が終わってしまいます。

 

僕はそういうのを背中で語っていきたいと思っています。まだまだ自分の成長のために挑戦し続けますよ〜