考察

運動音痴でもダンスはできます

YouTubeに動画をアップしました。

 

 

▼チャンネル登録よろしくお願いいたします▼

anのYouTubeチャンネルはこちら

 

テーマは「運動音痴とダンス」です。まずは動画を観てください。補足的に記事を書きます。

 

運動ってダンスに限らず「自分が思った通りに体を動かす」ことができれば良いわけです。しかし,多くの人がそれができません。

とくにそれができない人たちのことを一般的に「運動音痴」とかっていうのでしょうか。確かに生まれつきの差はあります。まったくないとは言い切れません。

しかしほとんどは「反復練習」で解決します。

 

もうちょっと言うと,運動に限らず,人間って反復しないと習熟しないようになってるんですよ。料理もそうですし,人にあいさつすることもそう。新しい新居でお風呂に入ることでさえ,慣れてない場合はちょっと時間がかかるのです。

だから運動音痴だと思う方は,まずは

(1)インストラクターに言われたことを頭で理解し

(2)それを再現しようと体を動かしてみる

(3)上手くいかなかったらそれがなぜか考えてみる

というようなサイクルを反復することが大事です。

 

このようなサイクルをレッスン中にできるのが良いのですが,振付だけのクラスだと,こうやってじっくり反復することが難しいです。

振付って長めなので,長いルーティーンを反復してもそこまで回数多くできないし,意識しないといけないところがたくさんあるので,覚えたいところなどが意識できず,結果上手くなりづらいです。

 

基礎をしっかりと反復してくれるクラスの場合,例えばダウンのリズムって1カウントで終わるじゃないですか。100BPMの曲だったら1分間で100回反復できるんですよ。

しかもやってることが1つだけだから意識もしやすいし「今自分はダウンのリズムをやっている」ということがわかりやすいのです。

 

運動音痴の人は,同時にいろんなことをしないほうが良いので,やはり基礎を反復してくれるレッスンを受けたほうが良いと思うのです。

エルンフォだったら「初心者クラス」とか「ヒップホップ1」とか。基礎リズムをしっかりと反復しますから,受けてない人にくらべると伸び率は全然違います。

もしエルンフォで上手くなりたい人は特にヒップホップ1は受けてくださいね。このクラスを受けていないと理解できないことが多々あります。

他のクラスで説明してもダメです。頭で理解しただけで身体が動かないですから。正直ヒップホップ1を受けてない人を上手くする自信はないです。